特定非営利活動法人羽田ボランティア推進の会設立趣旨書

1)多摩川河川の水、河川敷は現状では以前に比べてだいぶ綺麗になりましたが、まだまだ漂流物や不法投棄物等(人間による)があり、河川水・河川敷の汚れが目立つ背景になっている現状です。

2)このような漂流物や不法投棄のゴミ等が蓄積されると、河川水も汚れ美しい背景や環境問題が損なわれることになります。

3)より一層清潔で美しい多摩川の姿として「多摩川羽田地区自然環境保護指定区域」を目指します。

4)羽田ボランティア推進の会中心による河川、河川敷の清掃美化活動、以前の多摩川の不法係留・施設、不法係留船舶、不法工作物、不法投棄、不法侵入車両の取締り等と、当時の写真や活動の写真展示による住民への呼びかけや問題の説明。
平成11年度移設になった元穴守稲荷神社の鳥居に「平和の額」を掲げ、この地の歴史を後世に伝える活動。
平成15年に羽田自警団を発足し夜間の防犯、防災、町の美化、強化安全パトロールを行ってきている活動。自らの町は自らが守る活動です。

5)河川の清掃活動や住民への説明、活動の呼びかけの取組に、清き多摩川を皆で汚さず継続して守って行く活動です。又夜間の防犯・防災・美化パトロール活動も行います。

6)以上の活動を更に強化、拡大して継続していく為自発的に、特定非営利活動法人の設立を決意致しました。



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・