忘れてはいけない

忘れてはいけない

2011年3月11日・午後246分に三陸沖を震源に発生した。M9.0未曾有の東日本大震災。

東日本大震災から3年が経ちました。

被災され犠牲になった1万8517人の御霊に対し御冥福と御家族の方々に謹んで御見舞い申し上げます。

と同時に今だ、行方不明者2633人となっております。ご家族の方々に心からお見舞い申し上げます。

さて、先の見えない避難生活を余儀なくされている26万7千人の方々が、元の生活に復帰できるように、私達も復興のお役にたつよう精進致しますので、どうか頑張って頂くよう心よりお祈り申し上げます。

考え行動すべき時が到来したと痛感致しております。

長い冬の動かぬ風が密かに春の風となって漂いはじめております

叶わぬ夢ではなく、私達は、生きる希望を選んだのです。その追い風が目の前に、その追い風を生かし政府を動かし復興を早めるは、私達主権者のリーダーシップに掛っております。

政府の行為によって再び戦争の惨禍を起こさせないように、私達主権者は決意したのですが、今回は、原発事故を引き起こした事が、復興の遅れの一番の要因である。この責任は政府と政治にあると言っても過言ではない、出来るとか、出来ないとかの問題ではなく、やるしかないと覚悟を決めさせる事です。

国民が正せぬ政治の誤りを正し誠の政治改革の選択を国民一人一人が正しい声を上げ勇気を持って行動し政治と向き合う事である。

福島原発の電力は、私達都民が使用しているだけにその恩を返すべきである。

昔のことわざに犬猫でさえ3日飼えば3年の恩は忘れない。

 

私たち一人一人が忘れずに復興支援のお役にたつ人間でなければ成らないと思います。                 吉田 清光



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・