2010年1月31日(日) 不法係留撲滅運動のビラ配布

1月31日(日)、羽田ボランティア推進の会では、吞川の当該現場周辺住民へ700枚の不法係留撲滅運動のビラを配布しました。
ビラ配布後、羽田ボランティア推進の会事務所へ25件の苦情の電話がありました。ほとんどが匿名ですが、内容は住民と当該人物T氏の間での問題に関するものです。
また、この日、当該人物が、吞川の河川管理用通路出入口の鍵は、大田区からあずかったものである旨の発言がありました。この件について大田区糀谷羽田町並み整備課へ確認したところ、そういう事実はないとのことです。その後、2月5日、大田区都市基盤整備部都市基盤管理課道路河川管理担当のM課長より、出入口の鍵を早急に交換するとの連絡をいただきました。
蒲田警察署でも現在不法係留者について捜査中です。

羽田ボランティア推進の会では、この問題を早急に解決すべく、大田区、東京都、警察へ働きかけています。
地域の皆さんのご協力をよろしくお願い致します。
みんなで力を合わせ、勇気をもって、犯罪撲滅を目指しましょう!!!


・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・