(7) 地域交流を目的とした年末の羽田平和もちつき大会の集いの実施

 

 毎年年末に、大鳥居ひろばにおいて、平和地域交流を目的とした、餅つき大会を実施しています。

くじ引き抽選会、石焼き芋、お餅、豚汁をふるまい交流の場となっています。

翁若会(おじゃくかい)の方による羽田ばやし(お囃子)も披露されます。

羽田文化センター利連会の方の餅つきへの協力も頂いています。

他に羽田ボランティア推進の会では、正月の門松設置、しめ縄の設置、献花、端午の節句にこいのぼりを揚げる、もちつき大会、江戸見汁の配布の活動を大鳥居広場で行っています。

 

門松、しめ縄の設置:

1年の計は元旦にあり、羽田の歴史と日本の伝統的文化を伝える門松を年末に設置しています。

 

献花:

歴史や先人の偉業の大地に対する感謝の気持ちをこめて献花をしています。

 

端午の節句:

未来にいきる子どもたちの健やかな成長をねがい、毎年5月5日に鯉のぼりを揚げています。

 

江戸見汁の配布:

初日の出を見に来られる方々にあたたかい羽田ボランティア推進の会オリジナルの

江戸見汁(油揚げ、豆腐、岩のり、みそ味)を配布しています。 

2009年12月13日(土) 第12回 羽田平和餅つき大会の集いを開催

 

【開会の挨拶】

 

親愛する皆さん、おはようございます。

只今ご紹介を頂きました羽田ボランティア推進の会の発起人の吉田でございます。

一言、開会のご挨拶を述べさせていただきます。

 

本日は、羽田ボランティア推進の会主催の、地域住民の、地域住民による、地域住民の為の第12回羽田平和餅つき大会の集いに多くの敬愛する皆様方にご参加くださいまして有難うございます。発起人と致しまして、大変うれしい限りでございます。と同時に、羽田平和餅つきを開催するに当たり並々ならぬご尽力を注いでいただいております各協力団体の皆様方をはじめ、地域住民の皆様方による有志のご支援、ご協力を賜り誠に有難うございました。重ねて厚く感謝、お礼申し上げます。

 

また、毎年こうして羽田平和大鳥居ひろばで餅つき大会の集いが開催できるのも、本日お集まりの皆様方は無論のこと、羽田の先人達が江戸時代にこの地を干拓し、開墾し、血と汗と涙の結晶で築き上げた偉業の大地があるからです。羽田国際空港が目覚しい発展を遂げているのもそうです。羽田の先人達が培って来た偉業の台地の歴史があるからです。

 

この歴史を伝えてくれているのが私の前に堂々と聳え立つ羽田の象徴たる羽田の平和の大鳥居です。先人達が長い歴史の中、求め歩んできた平和で文化的、且つ人情味にあふれた共存共栄の精神を、我々羽田ボランティア推進の会は継承し、ユニセフを通して、世界の恵まれない子ども達の募金箱を設置し、支援活動を行い、国際平和社会に貢献させて頂いております。

 

経済が世界を支配し、武力や核兵器が正義を主張する時代に終止符を打ち、民衆の民衆による民衆のための真の民主主義の確立を目指し、本日お集まり頂いております敬愛する皆様とともに、お時間の許す限り有意義に過ごし、羽田平和餅つき大会の集いを遂行して頂き、今年1年の労を労い、来年への新たな年に向け飛躍して頂ければ幸いです。

 

末尾となりますが、本日お集まりを頂いております敬愛する皆様方のご隆盛且つご健勝を祈念申し上げまして、誠に措辞簡単ではございますが、開会の結びのご挨拶とさせて頂きます。

 

平成21年12月13日

羽田ボランティア推進の会

 

開会の挨拶

発起人 吉田清光

 

羽田の先人達の偉業の大地が蘇る。



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・