【羽田大鳥居の移設】

 

1999年(平成11年)2月4日に移設されました。理由は航空管制に関わる電波障害によるものです。移設費用は7千万万円内、国、4、500万~2、500万が空港関係企業各社による協力のもと。大鳥居を枠組みで囲み時速5キロの速度でゆっくりと移動されました。住んでいた元住民が大鳥居を残してほしいと言う強い要望があり、弁天橋袂の大田区指定文化財鈴木新田跡(史跡)、羽田空港入り口バス停前に移設となりました。

   尚、現在の大鳥居の場所の管轄は、大鳥居広場が国、弁天橋から数メートルの道路が大田区、大鳥居広場の土手が京浜河川事務所と東京都第二建設局の管理地です。



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・