【ゴルフ禁止の看板設置】

 

 2007年(平成19年)10月頃のことです。多摩川の土手を散歩する方から苦情がありました。「本羽田の河川敷でゴルフの打ちっ放しをしている人がいて危険なため注意したところ、国土交通省に許可を得ている、ゴルフ練習場が遠いなどを理由に言い訳をされた。5年近くゴルフ禁止の場所で練習をしている。子どもたちや散歩するお年寄りの怪我や事故があっては危険なので羽田ボランティア推進の会で注意してほしい」という要望があり、会としても注意しました。

管理しているのは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所田園調布出張所なので、連絡をしたところ立ち入り禁止の黄色いテープと河川法の看板を立てました。正式なゴルフ禁止の看板はすぐに予算が取れないので私たちの手で縦1メートル、横3メートル、高さ3メートル、「きけん・ゴルフ禁止」の大きな看板を作製し、練習場としていた場所に設置しました。10ヵ月後、予算が取れたので看板を下ろしてくださいとの連絡を受け下ろしました。その後、国土交通省により看板が設置され、現在その場所でゴルフの練習をする人はいなくなりました。

 

地域の監視する目と注意する勇気があれば、不可能なことはありません。

守ろう、守ろう、大切な環境!!



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・