活動ブログ

2018年

4月

26日

2018年4月22日(日)『羽田平和の餅つき大会』平和な一日でした。

天候に恵まれ風も無く。最高の餅つき日和、最高のもち米、最高の搗き手で多くの人達に最高のお餅を味わって頂きました。また此の地の歴史を多くの人達に知って頂けました多くの子ども達に喜んでもらえました。

2018年

4月

22日

2018年4月22日(日) 第20回目『羽田平和の餅つき大会』開催のご案内

2018年

1月

11日

2018年(平成30年) 元旦、羽田平和の初日の出

幸せと平和とおもてなしの極みは羽田平和の初日の出にあり!

樽酒のお神酒を頂き清め年神様を迎える皆さん!

2017年

12月

15日

多摩川のシジミ復活、水質改善、乱獲防止、資源保護への漁業権設定との事であったが、それは真っ赤な嘘であり東京都は公共事業を目的とし6ッの漁協への漁業権設定であった。国民の血税金が無駄を通り越し違法に使われました!

 2013年(平成25年)9月1日付けで東京都産業労働局農林水産部漁業調整課が大田漁業協同組合、芝漁業協同組合、港漁業協同組合、佃島漁業協同組合、中央隅田漁業協同組合、東京都東部漁業協同組合の6っの漁協に多摩川のシジミ漁業権を設定しました。又、この時に東京都は将来に渡っての公共事業を目的としての補償金目当てでの漁業権設定ではなくあくまでも多摩川のシジミの乱獲防止、資源保護と言っていたにも係わらず、又、この当時から漁業協同組合は、多摩川シジミの水揚げ量年間100トンその他、江戸川、荒川の漁業協同組合も水揚げをしていた。その水揚げ量が今回の補償金に変ると言う仕組みでの漁業権だった事が明らかになった。多摩川のシジミの乱獲防止、水質改善、資源保護と言うのは、建前であり。本音は目先の利権や利得を追い求め、それを強引に成し遂げようとするそれは違うだろう。それを罰するのが政治、行政であるにも係わらず。国民主権を無視し漁業補償金を目的とした公共事業。それがこの度、多摩川河口の殿町羽田空港線及び補助線街路333号線の架かる橋りょうの新設に3百億円が使われている。ましてや台風被害、地震災害で苦しんでいる被災者の復興支援が優先であるにもかかわらず。又もや検証もせず国民の尊い血税が無駄に使われるどころか違法を行っていた大田漁業協同組合に補償金が支払われた事は、漁業権を設定した東京都と補償金を支払った川崎市の責任は重罪である。ただちに橋の凍結と漁業権の剥奪、補償金を払い戻す事。

起工式も行われ工事も既に着手しております。

橋のかかるこの場所は、羽田空港1丁目2丁目大田区指定文化財鈴木新田跡(史跡)であり。この地は江戸時代に

 猟師の名主、鈴木弥五右衛門氏が江戸幕府に羽田猟師町請負新田の干拓許可を得て3つの町、羽田鈴木町、羽田穴守町、羽田江戸見町を羽田の先人達と共に血と汗と涙の結晶で築き上げた羽田にとって平和な尊い偉業の大地であります。又、鈴木弥五右衛門氏は、(現)穴守稲荷神社の生みの親であり開祖である。その歴史を伝えている東京国際空港記念建造物、羽田平和の大鳥居に平和の扁額を掲げ共に、この地の歴史と文化を後世に伝えると共に世界平和文化交流の空の架け橋としても伝えている当会です。と同時に地元に流れる多摩川が汚ければ綺麗にしよう。さぁ蘇れ清き多摩川を未来の子供達に残そうをスローガンに平成9年に発足した羽田ボランティア推進の会です。平成15年には自らの町は自らが守る。羽田自警団を発足し活動いたしております。

皆さまのご支援ご協力のお陰で今年で20周年を迎えることが出来ました。

過去の教訓を生かし2度と不法の多摩川羽田地区にならないよう努力、精進致しておりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

尚、当会の活動と問題提起は下記の通りです。

 

 

1. 公文書開示請求書(平成29年8月) 以下の通りです。

公文書開示請求書 平成29年8月28日
公文書開示請求書 平成29年8月28日
漁業補償契約書-1
漁業補償契約書-1
漁業補償契約書-2
漁業補償契約書-2
支払命令書-1
支払命令書-1
支払命令書-2
支払命令書-2

2.起工式典開催(平成29年9月30日)

補償金は、起工式開催以前に、すでに支払われています。

川崎市ホームページより
川崎市ホームページより
続きを読む

2017年

11月

21日

羽田空港内で汚泥を不法投棄、海老取川に流出

速報・とんでもない事件が発生しました。

首都高速道路の保全管理業『日本ハイウエイ・サービス』が首都高速道路の清掃作業で回収した汚泥を大田区羽田空港内の側溝に不法投棄していた。その側溝から海老取川に汚泥は流出していた。この川はハゼ釣りの時期には多くの人達が家族で釣りを楽しむ事が出来る川になりました。汚泥流出は釣り人にも影響を及ぼします。河口は吞川と合流しており、そこに流れる海老取川と通じる排水溝に20年以上汚泥を不法投棄していたなど重罪です。人体に悪影響を及ぼす。許せない事件です。『不法投棄で不正に得た金額は20年間で約2億6千万以上になります。』汚泥回収処理をする。となれば莫大な税金が使われます。過去にも多摩川の護岸工事で汚泥を川に流出しその時の汚泥処理代は、約1千3百万円かかっており。これも国民の血税がつかわれました。

当会は、平成9年に発足してから今年で20年、地元に流れる多摩川が汚ければ綺麗にしよう。さあ甦れ清き多摩川を未来の子供達に残そうをスローガンに活動を実施し現在、多摩川羽田地区自然環境保護指定区域と定め美化清掃活動を行っております。、川海を荒らすな汚すなを徹底し今は亡き先人の羽田の掟を守り過去の不法の教訓を生かし自費で活動をいたしておりますのでご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

尚、日本の空の玄関口羽田空港内にある「日本ハイウエイ・サービス」首都高羽田事務所の敷地内で汚泥を不法に流出させた事は、大罪であり且つ重大な責任である。。

ましてや、事務所の隣(空港内1丁目西)でテレビ番組でも大きく取り上げられた不法係留、船舶等の不法投棄を行っていた高島氏より悪質な事件です。

『自然の恵み、生き物達の命より金とんでもない。金より自然の恵み、生き物達の命、人間の命と健康を平和が一番です。』忘れてはいけない。地球と環境。

 

 

関連記事 スポニチ-社会

2017年

7月

19日

7月30日(日曜日) 羽ボラ焼きそば、おもてなし

2017年

3月

09日

『羽田平和の餅つき大会』

2017年

1月

13日

謹賀新年

平成11年2月4日に移設されてから羽田平和の大鳥居楽園ひろばで迎える。18回目の初日の出  2017元旦

羽田から世界に羽ばたく希望の年、羽田、エイエイオー羽田!

 

 

初日の出とともに君が代皆で斉唱し、平和を願う。それを象徴するかのように大鳥居の中で燦々と輝く!

2017年

1月

13日

2017年 1月10日、羽田空港1丁目2丁目は鈴木新田跡大田区指定文化財(史跡)となっている場所の旧羽田鈴木町、鈴納稲荷前で放置され横たわっていた此の地の御神体との縁(人間は一生のうち、逢うべき人には必ず逢えるしかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎないときに)出会うこれぞ一期一会

砂と泥にまみれていたので綺麗に清めご安置致しておりますがもしご存知あればご一報いただければ幸いです。

2016年

12月

13日

第38回目 羽田文化センター利用者連絡協議会の忘年会での当会を代表してのご挨拶

 

第38回目、羽田文化センター利連協の忘年会のご挨拶

 

皆さん、こんばんは、只今ご紹介頂きました。NPO法人羽田ボランティア推進の会の吉田でございます。誠に僭越では、ございますが当会を代表致しまして一言ご挨拶を述べさせて頂きます。

 

本日は、第38回目、羽田文化センター利連協の忘年会誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

と共に、利連協の野崎会長をはじめ役員の方々並びに本日ご臨席頂いております皆さん、今年一年ご苦労様でした。私共当会も、お陰を持ちまして来年20年目を迎える事と、なります。

これも一重に、本日ご臨席頂いております皆様方の暖かいご支援とご協力があつたからこそと、私は無論のこと、当会役員一同、感謝致している次第でございます。

羽田文化センターまつりを通して利連協の皆さんと共に、学術的にも、優れた羽田の文化に触れ、学び得た事によって、特に今年は、金の財よりも身の財、身の財よりも心の財の尊さを会得する事が出来ました。

この事を活かし、未来を担う子供達の為に、一日も早い文化センターの完成を心より楽しみに致しております。

 

尚、文化センターの老朽化に伴い建て替え事業の決定が覆された事、又、欺かれ、複合施設に変更した事について、ご尽力されている新任の臼井所長、大変だと思いますが羽田の羽田による羽田の為に正義を正し頑張って頂く事を念願し、末尾となりますが利連協の会長をはじめ役員の方々、並び本日ご臨席頂いております、皆さん今年も残すところ後、僅かばかりとなりましたが、健康には、充分留意され良い年を迎えられますよう。心より祈念申し上げまして、簡単楚辞では御座いますが、当会を代表致しましてのご挨拶と替えさせて頂きます。 

2016年

12月

13日

未来を担う子供達の声(多摩川羽田地区自然保護指定区域)

2016年

9月

23日

受動喫煙撲滅運動について

今年になって、タバコのポイ捨てが散見されるため、世界禁煙デー5月31を機に歩きタバコポイ捨て及びタバコ受動喫煙撲滅運動を実施いたしております。

 

タバコ、喫煙、撲滅運動!

タバコ吸うなら

かね、貯めよう。自らが守ろう

生命と財産!

平成二十七年五月三十一日

 

世界禁煙デー(タバコを吸わないこと)を習慣化させることを目的、一九八九年(平成元年に世界保健機関WHO総会で制定された。一九九二年(平成四年)から、世界禁煙デーを初日とする一週間五月三一日~六月六日を禁煙週間としている。(当会は基本的人権尊重を一義と考えタバコ喫煙撲滅運動を行っております。ご理解ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。)

 

喫煙と病気の因果関係

がんだけでなく、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などで因果関係が確実とした。喫煙の健康影響に関する報告書、厚生労働省「たばこ白書」より

・日本の受動喫煙対策は世界でも最低レベルとし屋内の全面禁煙などの対策が必要「たばこ白書」より(厚生労働省が平成二十八年八月三十一発表)

 

これまでの経緯はこちらをご覧ください

【歩きたばこ罰則条例採択の要請(大田区議会平成15年1回定例会にて採択】

 

 

 

 

 

2016年

9月

23日

安心・安全な羽田の町にする為に防犯カメラ設置に対する活動を実施しています。

今年二月、羽田小学校の通学路と六間堀仲羽公園。旭海老取川公園に防犯カメラが設置されました。

しかしながら羽田国際空港と隣接している羽田の町中には、防犯カメラが1台も設置されておりません。

従って凶悪犯罪が起きてからでは遅いので、早期に防犯カメラを設置し、犯罪の無いゼロ社会を皆で目指し、安心安全な羽田の町にする為、防犯カメラ設置に対する活動を実施致しております。

ご町内の皆さんのご理解ご協力の程を宜しくお願い致します。

 

平成28年8月、当会にて、設置要望カ所に、電柱管理者の了解を得て、以下のポスターを貼りました。

2016年

9月

21日

2016年9月21日 忘れてはいけない、この地の開拓者であり、この地の開祖である 氏神・鈴木 弥五右衛門

2016年

8月

05日

羽田夏季大祭の平和羽ボラ焼きそば、おもてなし盛況にお礼申し上げます。

お陰さまで、羽田の夏の風物詩とも言える羽田夏季大祭での

笑顔だ!元気だ羽田っ子!平和羽ボラ焼きそば!

1,200食を無料配布して、おもてなしも盛況のうち平安に終了いたしました。

熊本地震義援金の募金ご協力を賜りました皆様に感謝御礼申し上げます。

 

義援金の内訳は、平和餅つき大会と、今回の羽田大例祭での平和はねぼら焼きそば配布時に集まった熊本地震義援金募金は、以下の通り、熊本地震義援金被災者支援(熊本県庁熊本地震義援金係)へ送金させて致しました。

 

2016年

7月

28日

7月31日(日)、羽ボラ焼きそば、おもてなし

今年も夏の風物詩である羽田夏季大祭

笑顔だ! 元気だ羽田っ子! 羽ボラ焼きそば!

 

拝啓、涼しげな風鈴の音が聞こえる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

さて、今年も夏の風物詩である羽田夏季大祭が、やって来ました。

祭りに来て下さった皆様に、今年も心ばかりの羽ボラ焼きそば1000食を無料配布して、おもてなしをしたいと思います。

是非ご参加して頂きご賞味して下されば幸いです。

 

日時 7月31日(日曜日) AM11時~PM6時まで

場所 NPO法人羽田ボランティア推進の会 事務所前

住所 大田区羽田3-16-10

 

羽ボラ焼きそば、おもてなし

 

奉仕を主とした町は発展し栄え、目先の利益を主とした事業は衰え栄ずを、心しておもてなし。

羽田の未来を担う、よさこい節幻の子供達と羽田平和の大鳥居と自由と世界平和への絆

2016年

5月

23日

2016年5月15日羽田平和の餅つき大会

当日の様子です。

この場所(大田区羽田空港一丁目、二丁目)は、鈴木新田跡大田区指定文化財史跡に指定されている場所です。

また、約57400名の大田区指定避難場所でもあります。

 

なお、4月14日に発生した熊本地震義援金募金56533円が寄せられました熊本市へ直接送ります。

募金下さった皆様方ありがとうございました。

2016年

4月

14日

羽田平和の餅つき大会開催日変更のお知らせ

2016年

4月

14日

NPO法人・羽田ボランティア推進の会・羽田自警団の春の交通安全週間中の呼びかけ文章

2016年

4月

08日

2016年4月17日(日)  羽田平和の餅つき大会のお知らせ

開催日変更4月17日は雨天が予想される為、中止致します・

尚、予備日5月8日を『5月15日』に変更させて頂きます。

ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

子供達が待ちに待った毎年の恒例行事である、笑顔だ!元気だ!この指とまれ

 

4月17日(日曜日』、みんなの羽田、平和の餅つき大会を開催いたします。

皆さま、お誘いのうえお気軽にご参加をお待ちしております。

当日は、アトラクション『羽田の伝統、羽田囃子』でおもてなし。『おろし、あんこ、みたらし、きな粉、餅』

豚汁も用意しております。  (無料にて)

平和の折り鶴、平和コマの折り紙や懐かしいベイゴマ、シャボン玉を楽しみ、夢風船を膨らませ羽田から世界平和を皆でつなぐイベントです。

 

日時:4月17日(日)雨天中止の場合・5月8日(日)

   AM10:00~PM3:00まで

 

場所:東京国際空港記念建造物・羽田平和の大鳥居・楽園ひろば

 

協力:日本の伝統文化を伝える

   羽田囃子 翁若会

   羽田文化センター利連会

   馬込郷土資料館

 

主催:NPO法人 羽田ボランティア推進の会

連絡先:03―5736―4280

2016年

1月

15日

平成二十八年度・防犯防災、夜間パトロール

2016年

1月

15日

NPO法人・羽田ボランティア推進の会の心得(理念)

2016年

1月

15日

羽田文化センター37回目、利連協忘年会での挨拶

2016年

1月

11日

平成二十八年元旦 羽田平和の大鳥居初日の出

新年明けましておめでとうございます。

江戸大和シジミ汁について、 江戸大和シジミが絶滅の危機にさらされている為、今年は、平和への海苔汁に致しましたので、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

これより以前のブログは、以下をご覧下さい。

 

2017ブログ 2016ブログ 2015ブログ 2014ブログ

2013ブログ 2012ブログ 2011ブログ 2010ブログ 2009ブログ



・・・・・・・・・・・・     羽田ボランティア推進の会 公式サイト     ・・・・・・・・